運転手という役割の人たち

世の中には、運転手という役割を担う人たちが大勢います。
それは仕事をしている、していないに関わらず世の中に存在する人たちで、人間が十人十色という言葉で性格や考え方の違いを表現されるように、運転手もさまざまです。
中には荒っぽい運転をする運転手もいますし、安全運転を徹底している運転手もいます。
仕事柄、人を乗せて運ぶタクシードライバーのような人なら、余計に荒い運転は困りものです。
また、荒い運転は周囲のほかのドライバーや、通行人の迷惑になります。
今年の春、我が家では愛車を手放すことになりましたが、それまでは家族の中で私が一番の運転手だった身としては、どんな人にも危害を加えないような安全な運転を、すべてのドライバーが心がけるべきだと思います。
運転手という役割を担う人には、安全運転こそ大事という意識を持って、ハンドルを握っていただきたいと思います。
それが、ひいては自分の身も安全にするのだということを理解してほしいものです。