乗務員にもいろいろあります

乗務員と言う言葉を聞くと何故か、客室乗務員と言う言葉をイメージします。
つまりキャビンアテンダント、昔で言うスチィアデースさんのことです。
ですが、乗務員と言う意味はもっと別なことを言うと思うのです。
簡単に言うと、乗り物に乗って仕事をする人を指す言葉なのです。
ですから、バス・タクシーもそうです。
電車・船・飛行機などで働く人は、すべて乗務員と言われるのです。
そんな乗務員の仕事は平均して、大変な労働が多いようです。
決められた時間内で動くことが仕事で、日本人は時間に正確なことが好き人種です。
アメリカ当たりでの遅れを考えると、日本の遅れはホントにビビたるものと思うのです。
そしてこの乗務員と言う仕事も、給与の差が激しいのも事実です。
大きな船のキャプテン、新幹線の乗務員、更にはタクシーの乗務員などを考えると大変な仕事ほど給与も高いことが解るのです。
しかし、いずれにしてもお客さまを運ぶ仕事には違いありません。
お客さまを大事にすることが大切な仕事です。
+